480647a3062f54d4f6702f1e625a6cf4_s.jpg

お肉料理の風味つけなどには最高のにんにくなのですが、手に付いたニオイは洗ってもなかなか落ちません。

食後のニオイも気になります。

美味しいのは分かるけれど、少しでもあのニンニクのニオイを抑える方法はあるのでしょうか?

ここでは、そういった悩みをお持ちの方に役に立つ方法をご紹介します。


①料理で使う分のニンニクをラップに包んで、電子レンジで約一分間加熱する方法です。
この作業をニンニクを使う前にしておくことで、『軽く蒸している』ことになります。

軽く蒸されたニンニクは、どう変化したのかというと、あのニンニク独特のニオイの成分『アリシン』が発生することをかなりおさえられます。

ポイントは、薄皮をむかないようにして、電子レンジに入れるほうが良いとされています。


②調理前にニンニクがつかるくらいの牛乳でゆでるのも、ニオイがかなり軽減されると言われています。
この効果を出してくれる牛乳が持っているたんぱく質や脂肪の粒子にニオイを吸い取る働きがあるとされています。

ポイントは、牛乳を入れる前に、ニンニクの皮をむくことです。
それともうひとつ、牛乳と水を半々に割ったもので十分です。 

小さな小鍋にニンニクとニンニクがつかるくらいの牛乳と水を割ったものを入れ弱火で沸騰させます。

それを2~3回繰り返すことが良いみたいですが、一回でもある程度の効果があるので、苦手レベル以内のニオイになるまで試してみてください。


こう見てみると、結構な手間です。 少し値段はしますが、無臭ニンニクというものもあります。でも、せっかくのニンニクの風味まで弱くなっていることもあるので、機会があれば、一度試してください。あなたに合うか合わないかは、あなたのニンニクの許せるニオイレベルで決めることがベストです。